クレンジング研究所

オイルクレンジングを使う時は乳化させよう

メイクを落とすクレンジング剤にはミルクやジェルタイプなどいくつか種類がありますが、その中で洗浄力に優れているとされているのがオイルタイプです。界面活性剤が多く配合されているため、メイクや皮脂の汚れを落ちやすくしてくれるのです。こうしたメリットがある一方で、洗浄力が強いため肌への負担が大きいとされています。しかしながら、正しい使い方をすれば肌への負担は少なく抑えることができます。
オイルクレンジングを使用する際は、まず手を洗い清潔な状態にします。その後、適量のクレンジング剤を手のひらに出したら、少量の水を加えてオイルが白く濁らせましょう。この水を加えて白く濁らせることを乳化といいますが、オイルを乳化させることによってすすぐ時に洗い落ちやすくなり、強く擦らずに済むのでおすすめです。乳化が確認できたら、顔全体に乗せて優しくなでるように洗ってください。その後、ぬるま湯でしっかりとすすぎ、すすぎ残しのないようにしましょう。

肌への負担を軽減するオイルクレンジングの使い方

クレンジングは洗顔料では落とすことができないメイクの油分を落とすためには必要なもので、特に油分の多いオイルタイプは肌への負担は大きいものの、本来の目的でもあるメイクを落とす効果は最も期待できるクレンジング剤です。
オイルタイプのクレンジング剤も洗い方で肌への負担を減らすことが可能になります。
肌への負担を軽減するオイルタイプの使い方は、顔全体を一気に落としてはいけません。アイメイクや口紅の汚れが混じったクレンジング剤は、この時点で洗浄力は落ちています。そのままベースメイクを落とそうとしても簡単には落ちないのです。手のひらに出す時は手が濡れていないようにします。濡れた手でも大丈夫であっても洗浄力が落ちる原因になるため、水分はできるだけ除きます。
できるだけ肌のバリア機能を壊さないために、皮膚の強い額から鼻にかけてのTゾーンを先に馴染ませます。続いて少量の水を手にとり乳化させて顔全体につけてメイクを浮かせるように優しく馴染ませ、ぬるま湯で洗い流します。良く泡立てた洗顔料で泡で汚れを浮かすようにして洗います。

check

最終更新日:2017/3/31