クレンジング研究所

泡立てはクレンジングではなく洗顔に必要です

クレンジングは皮膚の表面の汚れを取り除くことで、メイクの汚れと皮膚に出てきた皮脂と汗を取り除きます。洗顔は毛穴の汚れを取り除くことで皮脂腺や汗腺の入口の汚れを取り除くことが目的です。
クレンジングにはジェルやゲルタイプを使用して、正しいやり方は、クレンジング剤を手にとり指の腹で温め、手の平で顔に密着させて擦らないように手のひら全体を使って大きく洗います。顔と手のひらの間で転がすようにします。丁寧に優しく洗いコットンで拭き取るかぬるま湯で何度も洗い流します。この際にクレンジング剤が残っていると肌荒れやニキビの原因になります。洗顔に必要なのは洗顔料を良く泡立てることです。その泡で肌を優しく包み込むように洗います。その後十分な水で洗い流しタオルを顔にあてるようにして水分をよく拭き取り、化粧水をたっぷりつけます。擦ったり肌を刺激するような洗顔を続けていると皮膚が硬くなり、くすみの原因にもなるため、顔を洗う際は優しく洗い肌を刺激しないようにします。

泡クレンジングは肌への負担が少ないです

クレンジングはメイクや皮脂などの汚れを落とす役割があり、オイルタイプのクレンジングが洗浄力があるため知られています。泡タイプのクレンジング剤もありますが、このタイプはオイルタイプよりも毛穴への浸透力や汚れへの吸着力は優れているのです。オイルタイプよりは馴染ませることに時間をかける必要がありますが、毛穴の汚れも落ちます。
オイルタイプよりも肌に対しての刺激が弱く敏感肌でも使用できます。
また、オイルタイプは泡立ちがないためメイクなどを擦って落としてしまい肌に刺激を与えることに繋がりますが、泡タイプはダブル洗顔が不要なタイプもあり、洗顔するようにメイクを落とすことが可能です。
肌に負担をかけることが少ないことが魅力ですが、汚れを落とす力はオイルタイプと比べると弱いため、濃いメイクの場合には向いていません。アイメイクなどは専用のリムーバーで落としてから使用することが望ましいです。
通常ナチュラルメイクで、肌に負担をかけずにクレンジングするなら泡タイプが良い選択です。

注目サイト

2017/3/31 更新